ami ami diary

<< 亜沙美は、役者♪ | main | 優雅な一日♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / - / -
僕の歩く道
フジテレビドラマ、<僕の歩く道>も7話が終わったところですが、
ちょっと気になったのが前回の6話のシーンです。
真樹が、秀治に「お母さんが、亡くなったら、施設に入れるのよね」
と、言ったシーン。
私は、亜沙美が障害を持っていると分った時、
障害の子を育てる不安より、
「自分が死んだら、亜沙美は、どうなるのだろう?」
という事の方がより不安でした。
そして、それは、今も変わりません。
きっと、私の周りの皆がそうだと思います。
でも、その事は、皆、口にしません。
そんなに軽々しく、口に出来ないのです。
だから、「施設に・・・」というような具体的な
言葉を出して欲しくなかった・・・というのが正直な気持ちです。

真樹さんに一言(見てくれてないでしょうが・・・笑)
「施設は、どこも一杯です。そんなに空きは、ありませんよ。
 それから、障害者自立支援法によると、障害区分認定で、
 <4>以上の認定を受けないと、入所は出来なくなりました。
 輝明君は、どうでしょうか?」

まぁ、ドラマですから、こんな事を突っ込んではいけませんよね(笑)
でも、ドラマとして見てない人には、知っておいて欲しい事なのです。
Posted by あみあみ
- / - / -
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / - / -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
SEARCH THIS SITE
BLOG LIST

Atom0.3
RSS1.0
Login
Powered by JUGEM


SPONSORED LINKS